更新履歴

2013年:ちょいと色々作り変え中 New!!
転送をミスって銀粘土のサイトにしてしまってたので修正しました
1/16 2008年になりました!
6/30 「頑張ったからもういいよ」に答えたフェレット
6/30 「必ず貴方を探すから」の言葉で星になったフェレット
6/30 ずっと見守ってくれたシマリス
6/30 追悼の旅に見た空に浮かんだ不思議な雲
6/30 生死を彷徨った時に見た光景1
6/30 生死を彷徨った時に見た光景2
6/30 四十九日に教えてくれたこと
6/30 なにも教えてないのに同じ事をするフェレット
6/30 彼らはいつでも傍らにいます
6/27 掲示板を作ってみました
足跡とか残していってもらえると嬉しいです。
6/15 癒し関連のリンク作りました
落ち込んでたときに見つけたものです
6/14 ペット関連のリンク作りました
いつも使ってるところだけ作りました
6/13 フェレット関連のリンク作りました
王子様を亡くしてからあんまり見てなかったのであんまりリンクはないですけど…増やせるといいな
6/11 f-haluna.com関連のリンクだけ作りました
自分の分だけリンクを作ってみた…色々ありますけどここが一番作りたかったです
5/26 想いでの日々を形にすることを作りました
5/26 いつでも側にいるを作りました
お星様になっても姿が見えないだけで側にいるから、そう言ってると思ってます!
4/12 この下に「虹の橋の向こうへ…心のリンク」を作りました
どんなコもきっと「虹の橋」では幸せでいれますように!
3/26 彼らが私に残してくれたもの。更新しました!
大きな宝物をおいていってくれたと思ってます。
3/21 ペットロスという哀しみから救ってくれたもの。更新しました!
空には大きな虹がある、そこにあの子もきっといる…
3/1 最愛のペットを亡くした時に救いになったもの。
本日作者のお誕生日!虹の向こうでお祝いしてくれてるかなぁ(希)
トップページを作成しました。
ペットを亡くした人が癒されようなHPになればと思ってます。
お尋ね等ありましたらこちらまで!→f-haluna.com宛てにメール
    

虹の橋の向こうへ…心のリンク

管理人がペットのフェレットを失った時に心の支えになったものです
よかったら見てみてください。

 ★虹の橋   〜お空の向こう〜         …心が楽になります
 ★虹の橋   〜土砂降り地区〜        …ずっと哀しい時、読んでみてください
 ★虹の橋   〜愛されなかった子達でも〜  …虹の橋で幸せに…
 ★虹の橋   〜お空の向こう(動画)〜     …心にしみます…
 ★walkingtour〜みんな一緒に歩いていこう〜 …待っててね、と思います

 ★ 掲示板を作りました ★ → f-haluna.com 虹の橋掲示板

彼らが私に残してくれたもの


初代のフェレットの王子様が2004年 

初代のシマリスの暴君が2005年

二代目のフェレット王子様が2006年

一年置きに王子様達は虹の橋に行ってしまいました。

初代のフェレット王子様は…

 王子様がが居たから、管理人はネットを始めて色々な世界の人と知り合えた。
 とても賢くいい子で、一緒に暮らせてとても幸せでした。
 そしてとっても人間が好きな、まるで人のような仔でした。

初代のシマリス暴君(我が家最強の生き物でした…フェレットよりも強かった)は…

 初代のフェレットの王子様を亡くした後、やってきた二代目達の成長を見届け
 彼らが家にやってきた丁度一年後、眠るように星になりました。
 その時、本当に感謝できました。
 全然なついてはくれなかったけど、ちゃんと見届けてくれてたんだなと思いました。

二代目のフェレットの王子様は…

 管理人が病から復活して、記憶も戻って日常生活も出来るようになったかな?
 そう思った矢先にお星様になりました。
 管理人の回復を見届けて…
 そっとお空に帰っていきました。

 お星様になる間際も、キレイな毛並みで静かに眠って
 お星様になっても、とてもとてもキレイなお顔で眠っていました。
 初代の王子様は闘病が長くお星様になる頃には毛もなくなってしまってましたが
 彼は本当にきれいな姿のままお星様になりました。
 そして、とてもいい仔でした。

王子様達を亡くして
その事を振り返って考えると
彼らが教えてくれた事が沢山ありました。

 彼らだって、話をする

 彼らだって、思いがある

 彼らだって、家族である


小さい体で、彼らは人をよく見ていた。
人をみて生きていてくれた。

看取られて星になりたい…

そう願ってるんだろう、と思えるように
彼らは皆、私の腕の中で星になった。

仕事がひと段落着いて、どうにか休みを取れた時…
やっと休みが取れた、その日に初代の王子様は腕の中で星になった…。

「ジュニアズが来て一年なんだよ?」と二人をシマリス暴君に見せた時…
彼はこちらを見て目を閉じた。
それが彼の最後だった…。

家の中を歩けるようになって
ヨタヨタと歩く二代目王子様のお世話が出来るようになった時…、二代目王子様は、大好きなお風呂場前で「もう寝ていいよ、側にいるよ?」といった後で星になった…。

看取る方はそれはとても哀しいこと…
腕の中で消えていく命を見送るのはとてもとても哀しいこと…。

でも
看取られる方は

「僕は空に行くから、見てて」

そういってるように思えてならない。
どの仔も精一杯に生きてました。
お星様になる間際まで、私を見ててくれました。
旅立つ前にどの仔も一度目を見てくれました…

気のせいなのかも知れません。
でも
私には

「行ってきます。」

そういってるように思えました。

「あぁそうね…。」

星になる一瞬。
どの仔も

  ふっと力が抜けたようになります。
  ガクンと力が抜けます。


その一瞬

「あぁいっちゃった…」

一瞬、軽く感じます。
きっと

命がふと抜けた、その感じなのだろうな、と思ってます。

その後は
とてつもない哀しさが襲ってきます。
泣いても泣いてもどうしようもないほどの哀しさがやってきます。

なぜ、私の腕の中で皆星になるのか

そう恨むこともあります。
恨んで後悔して自分が全て悪かったのでは!
そう思って沈み込みます。


でも…
泣いて泣いて考えて考えて…

 精一杯生き

 精一杯の愛情を注いで

 あのキレイな目でずっと見ててくれた


あの仔たちが、何を望むのか…
それも考えた時…
私は

大きな宝物をもらえたと思いました。

亡くすことはとても哀しいことです。
でも

 その瞬間を腕の中で看取れることは…

 彼らも望んだことだと思っています。


いっぱい思ってくれたから
最後の最後を自分に見せてくれたんだろうと。
そう思えるまでにはとても長い時間が掛かりましたけど…
今ではそう思えています。

ペットを亡くされた方が、すぐにこう思えるとは思ってません。
私も泣いて泣いて、今でも思い返せば泣いてます。
でも…

 彼らは悲しむことを望んではいない

それだけは分かって欲しいんです。
虹の橋の向こうにいって思う「だれかさん」
その人がずっと悲しんでいると、きっと彼らもまた悲しいままだと思うんです。

気持ちは、虹の橋にも通じるはずだ…
そう思いながら生活していたなか、虹の橋には別の詩があり
その思いが自分が考えたこととよく似ていることに感銘を受けました。

 彼らは悲しむことを望んではいない

 悲しむことで、彼らは救われなしない…


そう。
彼らが教えてくれたのだ、と感じました。

――――――――――――――――――――――――――――――――
【虹の橋―雨降り地区】

幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入り口に
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り
動物達は寒さに震え
悲しみに打ちひしがれています
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん
特別な誰かさんの流す涙なのです

大抵の子は半年もしないうちに
暖かい日差しの中に駆け出して
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます
ほんの少しの寂しさと
物足りなさを感じながらも・・・

でも、1年経っても2年経っても
ずっと「雨降り地区」から出て行かない子達もいるのです

地上に残して来てしまった
特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
とてもじゃないけれど
みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして
同じ悲しみに凍えているのです

死は全てを奪い去ってしまうものではありません
同じ時を過ごし
同じ楽しみを分かち合い
愛し合った記憶は
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです
地上にいる特別な誰かさん達の
幸せと愛に満ちた想い出こそが
「虹の橋」を創りあげているのです

ですからどうか
別れの悲しみにだけ囚われないでください
彼らはあなたを幸せにする為に
神様からつかわされたのです
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです

命の儚さと愛しさを
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを

その短い生涯の全てを以って
教えてくれるのです
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません

思い出してください
動物達が残して行ってくれた
形にも、言葉にもできない、様々な宝物を

それでも悲しくなったら
目を閉じてみてください
「虹の橋」にいる
彼らの姿が見えるはずです


信じる心のその中に
必ずその場所はあるのですから・・・


――――――――――――――――――――――――――――――――


芝山弓子さんという方が作られたそうですが。
現在そのサイトは閉鎖されています。
でも心に響く詩でした。

 哀しみの雨に打たれて待っててもらうより
 暖かいキレイな花畑で駆け回っていて欲しい。


そう思えました。

 目を閉じれば
 逢える。
 もっと時間が経てば
 またきっと逢えるから…




福岡はるな
(2007/03/26)


★ 掲示板を作りました ★
どうぞ足跡を残していってください

f-haluna.com 虹の橋掲示板


■ Topics

    
  • まだまだ不完全なHPですが、日々書き連ねていこうと想ってます。    
  • ただただ同じ境遇の人が少しでも救われればそれでいいです♪    
  • *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(2013)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
  • あれからもう9年(2004年から)
  • まだ初代の仔は夢にも出てこないですが・・・
  • 虹の橋で気ままに遊んでいると思っています

 

 

お勧めリンク

f−haluna.comには他に3個のサイトがあります。お星様になった子のメモリアルグッズを作りたくてはじめた銀細工の格闘の歴史を書いてます。